RSS Feed
  1. Announcement: welcome!

    2月 5, 2012 by 美容室MARINaquarium


     ようこそ!美容室MARIN aquariumへ

    [カテゴリー]

    ブログ

         フォトギャラリー     

       よくある質問

       おすすめ記事

     お知らせ

    お客様の体験談

    見たい項目をクリックしてください

    内容で探すには・・・・

    サイトマップ

    が便利です

    それではどうぞごゆっくりご覧ください

    メインページに戻る


  2. 長野県は小布施に北斎をみに行ってきました♪

    9月 1, 2016 by 美容室MARINaquarium

    石山です
    この前の連休は長野県は小布施に行ってきました♪

    今回の旅行先を小布施にしたのには以前からちょっと気になっていたことがあって、それは「私が偉大だと思っているアーティスト、モネとか他にも多数の人物(ルノアールやゴッホ、ロートレックなど)に影響を与えた葛飾北斎・・・私にはそれほどすごいアーティストとは思えないのだが、いったいどれほどの男なのか?

    それを確認してみたいと思って出かけてきました
     

    小布施といえば縦長な長野県の北のほう、けっこう距離があるので月曜の深夜に出発して十国峠を抜け、東御にある道の駅「雷電くるみの里」にて車中泊
    DSC_1471
    朝起きてみると気温じつに19℃!

    やっぱり避暑には長野県でも標高のあるところが快適ですね
    そこから車で2時間ほど移動するとそこが今回の目的地、小布施♪

    まずは名産である栗のあれこれをいただいてきました!

    まずはソフトクリーム

    DSC_1472

    あとは栗のおやきとか



    DSC_1495

    ふっくらしてやさしい甘みが上品な感じでした♪



     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お腹が満たされたところでいざ葛飾北斎の作品をみに「北斎館」へ向かいます
    DSC_1474
    DSC_1475

    この時はちょうど広重も公開されていたので一粒で二度美味しい感じでした♪



    葛飾北斎と言えば富嶽三十六景や北斎漫画が有名ですが、私はどうも版画にはあまり興味がなくて(^_^;)(ここの作品はほとんどが肉筆画だけど)

    そんな半端な気持ちできてみたのですが・・・

    実際にはとんでもない完成度でした!
    IMG_0003_R宗理型美人と呼ばれるすらりとした長身、うりざね顔、小さな目鼻立ちを特徴とする様式はまさに「ジャポニスム」の代表的なデザイン。

    これを確立した北斎はこれだけで充分すごいのですが・・・

    IMG_0001_Rこの色鮮やかさ、艶やかさも西洋美術を彷彿とさせる完成度です!IMG_0004_R
     

    この鷲もシャープなライン、濃淡が産み出すコントラストは力強いインパクトを与えているのですが・・・なぜか不思議な愛嬌が漂う作品です

    IMG_0005_R
    印刷だと判りにくいですが、この柳の葉をみた時には北斎が「森羅万象の有り様を理解した」と言った意味がわかった気がしました。

    IMG_0006_R
    この絵にしてもそうですが、ただ「見たまま」描いてもこうは仕上がらないでしょう
    植物の葉脈の構造、実の色づくメカニズム、枯れる理由・・・などを本質的に理解しているからこそ描けるレベルです(^_^;)

    極めつけは・・・

    この作品!IMG_R
    誰しも絵描きならば直面する問題「色彩と線の両立の難しさ」をこの力強くも繊細な線、同系色の使用、コントラストの妙技・・・それらを駆使して解消しています
    すごい、すごすぎる!

    さすがは1998年に米「ライフ」誌が企画した「この1000年間に偉大な業績をあげた世界の人物100人」に日本人ではただ一人、選出されるだけのことはあります
    齢90歳にて他界した北斎(この当時の雅号は画狂老人卍)は天我をして五年の命を保たしめば 真正の画工となるを得べし

    と話していたそうです
    最後まで満足せずに芸事を磨き続けるそのモチベーション。

    見習うべきだけど、私は「やるだけやった♪満足だ!」と思って死にたいなぁ。。。とゆうのが本音です
    死の三か月前、絶筆であると言われる作品「富士越龍」

    富士の高みを超えてその先を目指して上昇を続ける龍の姿にどこまでも高みを極めんとする北斎の願望を感じて私は深い感慨にふけっていましたIMG_0002_R
    そんな稀代のアーティストにも面白いエピソードがありました
    弟子の露木為一の証言では、「先生に入門して長く画を書いているが、まだ自在に描けない・・・」と嘆いていると娘、阿栄が笑って「おやじなんて子供の時か ら80幾つになるまで毎日描いているけれど、この前なんか腕組みしたかと思うと、猫一匹すら描けねえと、涙ながして嘆いてるんだ。何事も自分が及ばないと 自棄になる時が上達する時なんだ。」と言うと、そばで聞いていた北斎は「まったくその通り、まったくその通り」と賛同したという。

    私もデザインの作り手として「これでいいのか?」と悩み、考え、あらゆるアーティファクトから何かを学び取ろうと模索を続ける日々をすごしていますが、

    「この焦燥感が成長の原動力であるのか・・・」と、少し気分が楽になりました
    小布施の北斎館、また数年か十数年したら再度訪れる必要がありそうです
    まだ自分が最後まで己が道を極めんとした北斎に共感できるかどうか試すためにね
     

     

     


  3. なぜ人は髪を美容院で切るのか?

    5月 22, 2016 by 美容室MARINaquarium

    石山です
    今日は以前からずーっと探していた「なぜ私は人の髪の毛を切るのか?」とゆう疑問に

    当座の答えが出たので、以後また自分のなかで変わっていった時のチェックポイント

    として書き留めておきたいと思いましたヽ【・ω・】ノ

    気が向いた方はどうぞお付き合いください♪<(_ _)>

     

    そもそも私は小さい頃は美容師になろうとは思っていませんでした
    私が憧れていたのは・・・家電の開発者です

    そう、小学校1年生の時でしたかね、SONYが「ウォークマン2」を発売しました

    wm-2_R
     

     

     

     

     

     

     

     

    それまで外で音楽を聞くにはおっきなラジカセを肩に担いで持ち歩く以外に方法はありませんでした

    それをウォークマンはカセットケース2枚分とゆう当時は驚異的なサイズダウンに成功!

    誰もが音楽を持ち歩ける時代が到来したのです!
    当時の私はとても感動しました。

    人の生き方が技術によって変わるのだ。

    よおしっ!私も誰も見たことも考えついたこともない革新的な家電を開発して多くの人に同じ感動をまた味わってもらおう!!(ง •̀_•́)ง‼

    そう考えていました
     

    それから小学校高学年になって司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を読んだときに龍馬が言った「人はなぜ産まれるのか?事を成すためだ」

    とゆう言葉を読んで「そうか、私が産まれたのは家電を作るためだ!」と思っていたのですが・・・

    最終的に選んだ道は美容師
    なぜ私は髪を切るのだろう。

    論理的に考えれば髪型は2つの姿に集約します。

     

    ①丸坊主(スキンヘッド

    ブロー、スタイリングが速い、シャンプー剤が少なくて済む、毛先のトリートメントも必要性ナシ。

    もっとも経済的な髪型です
     

    ②アフロヘアー

    髪の毛には「落下物による衝撃の緩和、直射日光から頭皮を保護」とゆう効果もあるので

    この点を考慮すればアフロが最強です(・∀・)

    d0171866_0233135_R
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また頭皮付近の温度の安定性(外気が高温&低温でも)の高さはあらゆる髪型でアフロ一番だとテレビ番組「所さんの目がテン!」の実証実験で判明しました
     

    つまり優れた髪型の頂点はスキンヘッドとアフロの2択になる訳ですが

    なぜ私たち美容師はいろいろなスタイルを産み出して提供しているのだろう。

    もし私が家電メーカーに入っていればまったく新しい商品が日の目を見ていたかもしれないのに

    それを棒に振って髪を切るとゆう選択をして良かったんだろうか?

    そう思い悩む時期がありました
     

    その悩みを解消してくれたのは実に意外な相手でした。

    profile_pf23_01_R
     

     

     

     

     

     

     

    上野動物園のアフリカ象です
    あるとき私が上野動物園に行ったとき、ちょっと気が向いてツアーガイドに参加しました。

    特に得るものもなかろうにな・・・と思っていたのですが、まさか人生最大の疑問に答えが見つかるなど思いもよらなかったです
    それは解説のお姉さんが象のコーナーで説明をしていた時のこと。

    インド象は耳が小さくアフリカ象は耳が大きいんですよ!より暑いアフリカで暮す象の耳が大きいのは耳に沢山の血管が走っていてラジエーターの役割をしているんです♪」

    と私たちに説明したあと拡声器をアフリカ象に向けて

    「〇〇(象の名前)ちゃん、みみ~♪」と話しかけると・・・

    一頭の象がこちらに寄ってきて耳の裏側を見せてくれたのです!

    たとえばイルカがショーをする時は飼育員のジェスチャー(腕を下から上へ降ったり頭上で回したり)をみて行動しますが

    ここの飼育員さんはノーアクションで声を出しただけ。

    それであの複雑な行動をとるとは言語を理解したとしか考えられません

    私が飼育員さんに「いま象さんが言葉を理解したように見えましたが・・・?」と聞くと

    飼育員さん「はい、理解しますよ?賢いし」

    と言います。

    私、「賢いとは何を指していうのですか?」と問うとあっさり

    飼育員「遊びますから」

    私「遊ぶとはどのように?」

    飼育員「以前あのコが食べられない木の切り株を蹴って遊んでたら他の象が奪おうとしたのでブロックしていました。二匹ともそれを食べられない事を知っていますから無駄な行為です。無駄な事をするのは賢い証拠です

    !!!それを聞いて私はカミナリでも打たれたかのような衝撃を覚えました

    無駄な事をするのが賢い証拠!?

    では、例えば賢いと言われる動物の代表、イルカが作るドルフィンリング

    i320_R
     

     

     

     

     

     

     

     

    狩猟に使うとか通信手段とか言われていますが

    あれはたぶん楽しいからやってるんだ♪

    そうかそうか、つまり人が歌うことも絵を描くことも服装を気にするのも髪型にこだわるのも・・・言ってしまえばカルチャー(文化)そのものが「遊び」なんだ♪

    つまりそれらの価値は

    どんな意味があるか?ではなく「どれだけ心が動くか?(感動できるか?)」で決まるのだ・・・と
    私が子供の頃に憧れた家電開発も、今生業としている美容師も実は最終目的は「人を感動させたい!」とゆう同じ場所を目指していたのだ。

    ただ手段が変わっただけでね
     

    私がまだ小さな子供の頃、未来に産んでくれなかった両親を恨んだことがあります。

    理由は「未来ならドラえもんがいたのに」とゆうもの。

    未来は科学技術が発達して確実に今よりも便利な世の中になっている、なのになぜ今産まれてしまったのか?

    科学技術の進歩こそが人類が過去から未来への時間を歩んだ証拠なのだ!

    ・・・そう思っていましたが科学技術とは「人を感動させる」手段のひとつでしかありませんし

    気をつけて開発しないと幸せだけでなく不幸をも副産物として産みだすことすらあります
    文明の進化とはこの科学技術のみならず料理や建築、法律、モラル、音楽やダンス、豊かな自然の保護・・・など多岐にわたる要素によって進んでいくのだ。

    私も美容技術とゆうひとつの手段を選び、カットとゆうスキルで今現在担当させていただいている方々、これから出会う方々に「感動」とゆう遊びを提供し「不愉快」とゆう副産物を最小限にとどめて

    その知り合えた方々限定でも以前よりもさらに喜んで頂くことができるようになればいいなぁ、と思っています
    そのためにはまず私自身が色々な事に感動し、感謝し、興味をもって遊んでいかないといけませんよね


  4. 石山の独断で選ぶ桜の名所ベスト9

    4月 7, 2016 by 美容室MARINaquarium

    今日の雨で都内の桜はすべて散ってしまうと聞き

    もったいないよなぁとしんみりしてしまう今日この頃。

    「散るゆえによりて、咲く頃あればめづらしきなり」とは世阿弥の言葉ですが

    確かに期間限定だからこそ一生懸命桜を見に行って、瞳に焼き付けようとするんですよね
     

    そんな事を考えながらアルバム(フォルダ)を整理していたらふとここ3年間で私が見てきた桜の名所を順位付けしてみたくなったので

    ここで石山の独断と偏見、限られた知識と経験に基づいたランキングを決定していきたいと思います♪

     

    番外 長野県須坂市 「臥龍公園」

    DSC_3784
    DSC_3807
    ここの桜を番外にしたのは関東と比べて満開の時期がかなり遅いので他の桜を楽しんだあとに訪れることが出来るためです(・∀・)

    頑張って北海道まで桜を追っかければゴールデンウィーク過ぎまで楽しめますが

    一般道をマイカーで最大2日間で旅する私としては須坂あたりがちょうどいい場所です
    桜もさる事ながら雪を頂く青い山脈を見ながらの花見はまた格別でした(´∀`)

     

    第8位 山梨県笛吹市「石和温泉」

    DSC_3746
    第8位は石和温泉の桜並木。

    桜の密集度合いや枝ぶりも見事ですが

    なんといっても素晴らしいのが石和温泉自体がまだ歴史の浅い観光地なため花見客が少ない!

    屋台ひとつ出ていない静かな環境でしっぽりと桜を楽しむには向いた場所だと思います♪

     

    第7位 山梨県南巨摩郡「久遠寺」

    DSC_3702
    第7位は日蓮宗総本山、久遠寺のしだれ桜
    私が訪れた日は何でも「必ずしだれ桜が満開になる日!」とゆう逸話がある日だったようで

    駐車場に入るまででも大変でしたが

    確かに神々しいまでの美しさを堪能できましたヽ(*´∀`)ノ

     

    第6位 埼玉県本庄市「こだま千本桜」

    DSC_0088
    DSC_0090
    第6位は埼玉県のこだま千本桜(・∀・)

    近すぎず遠すぎずな距離感が都内から気軽に出向けるうえに弓なりに湾曲した河原はひと目でたくさんの桜を見ることが出来ます(*^^)v

    遊歩道もきれいに整備されていて桜並木のトンネルを春気分いっぱいに歩けるのが素敵な場所です♪

     

    第5位 山梨県甲府市「武田神社」

    DSC_3664
    第5位は甲府市の武田神社・・・って山梨県ばっかりだな( ̄▽ ̄;)

    山梨県は国道20号で大弛峠を抜けるもよし、道志みち~山伏峠はカーブが適度で一番のお気に入りルートだし

    奥多摩から柳沢峠を抜ければ甲府まですぐと、とてもアクセスが良い関係でついつい行ってしまう場所です(^_^;

    この武田神社は駅から神社までずうっと商店街沿いに桜並木が続いていて、美味しい食べ物屋さんが軒を連ねているので

    花も団子もどちらも楽しめる素晴らしいところですヽ(´▽`)/

     

    第4位 東京都世田谷区「砧公園」

    untitled
    これはもう完全に贔屓ですヽ(*´∀`)ノ

    桜とは春を告げる花。

    それが普段、自分たちが生活しているところで咲いてくれるのが何と言っても嬉しいので

    私の生まれ育ったここ世田谷からも1ヶ所は(しかもけっこう上位)選びたいと思いました♪

     

    贔屓目にみなくてもこの数本の桜が密集してあたかも一本の大木のように見える場所はかなり見応えがあると私は大変気に入っているんです♪ヽ(´▽`)/

     

    第3位 静岡県賀茂郡「河津桜」

    DSC_3399
    DSC_3415
    関東では一番早く開花する早咲きの河津桜
    一足先にお花見できるのがなんとも嬉しいし

    ソメイヨシノよりも濃いピンクが鮮やかな黄色の菜の花と一緒に咲くそのコントラストがまたいいですよね♪

     

    第2位 長野県伊那市「高遠城址公園」

    日本3大桜の名所と名高い高遠のさくら
    DSC_0144
    ソメイヨシノよりも少し濃いピンク色に咲くコヒガンザクラが慎ましくも美しい春を感じさせてくれます♪

    またここは沢山の屋台が出るのでどれを食べるかとっても迷ってしまうところです
     

    第1位 長野県上田市「上田城」

    DSC_3859
    DSC_3867
    DSC_3879
    DSC_3888
    私のなかで一番は今のところこの上田城です
    子供の頃に見た大河ドラマ「真田太平記」で真田幸村に感じた侘しさと散りゆく桜が相まって

    なんとも感慨深い味わいがあります
    去年ここを訪れた時はあまり花見客がいませんでしたが

    今年は大人気なのでしょうね
     

     

    こんな感じで私が選ぶ桜の名所9ヶ所はこんな順位です♪

    もちろんこの他にも吉野や弘前、千鳥が淵や井の頭公園など桜の名所は数知れませんし

    私にとって本当の一番は幼少の頃より成長を見守ってもらっている世田谷小学校の桜や

    実家から至近にある鴎友学園の桜などなので

    皆さんひとりひとりがつける順位は違うのが当然だと思います

    でも、押しなべて言える事は

    今も昔も桜はその華やかな時期が短いからこそ美しさが際立つ
    とゆう事だと思います(^-^)

    「花と、面白きと、めづらしきと、これ三つは同じ心なり。いづれの花か散らで残るべき。散るゆえによりて、咲く頃あればめづらしきなり。能も、住する所なきを、まづ花と知るべし。」

    とは世阿弥の言葉ですが、なるほど私が生業とする美容もまた移り変わりがある仕事。

    何が普遍でなにが流行りか。

    ちゃんと分けて考えて住する所なきをまづ花としなければ面白くない仕事をする美容師になってしまいますね( ̄◇ ̄;)

    私も頑張って「毎日咲き直す桜」を目指してみたいと思います
     


  5. 飛騨高山にガレを見に行ってきました!

    9月 19, 2015 by 美容室MARINaquarium

    石山です
    しばらくサボっていたブログを(実に1年半ぶりか)を久々に更新することにしてみました
    それと言うのも今回行ってきた飛騨高山美術館は全館撮影OK!とゆう珍しい場所だったので

    自分で各作品に感じた事を書き留めておく為にもブログにして残してみようと思いましたヽ(・∀・)ノ

    飛騨高山は今年の始めに白川郷に向かう通り道として通過はしたのですが

    改めてじっくりと時間をかけて訪れたいと思っていたので、いろいろ調べてみると…

    Σ(´∀`;)おおっ、ガレの作品が多数展示されているだとぉ!?

    と旅行を決定いたしました(゚∀゚)

     

    いろいろと調べてみると飛騨高山も面白そうな所。

    中でも異彩を放っていたのは・・・

    DSC_0184

    DSC_0191

    ここ、光ミュージアム

    なんでもマヤの神殿がモチーフになっているとかで、行ってみると宇宙の創生から三畳紀~ジュラ期の生命の躍動、人類の誕生から文明の形成、西洋美術、東洋美術、そして再生可能エネルギーテクノロジーの展示など

    カテゴリーとしては博物館・・・美術館、いや資料館?いやいや科学技術館。と、規模もテーマもかなりな施設でした
    img_slide_05[公式サイトより]

    shoen_murasakishikibuzu

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    [公式サイトより 上村松園 紫式部図]

     

    随分と色々と展示されているし、それぞれのレベルも高め。

    いったいここはどんな所なのだろう
    と思っていると最後には教祖様を紹介するスペースがありました。

    もともとは陸軍士官学校を出て近衛兵にまでなったエリート。

    さすがこれほどの礎をつくられる御仁は違いますね
    これだけの情報と経験、知識、思考力を持った結果、彼は神の声を聞けたとか。

    以前、F1ドライバーの中嶋悟がレースの最中に「調子が良いときは空の上から自分とライバルの車が見えて、近未来に起こる追い抜きとかを見ることができた」とゆう話しを聞いたことがありますが

    己が道を極めれば専用のアプリみたいな能力が発現するのかもしれないですね
    私ならば差し詰め「カットする前から仕上がりが見える!」といったところですか
     

    その後は飛騨古川に移動
    DSC_0195

     

    古川まつり会館を見学
    DSC_0204

    DSC_0197

    豪華なお神輿Σ(´∀`;)(この地方では屋台と呼ぶそう)



    DSC_0206

    立派なホイールを履いているし・・・



     

    DSC_0214

    装飾は日光の陽明門もかくや!?ってぐらいの仕上がり
    DSC_0203

    屋台の上には精巧なからくり人形がパフォーマンスを繰り広げます(´∀`)



    いやぁ、飛騨の職人たちの仕事ぶり、しかと堪能しましたヽ(´▽`)/

     

    外に出てみるとあたりは古い町並みがいっぱい!

    DSC_0220

    DSC_0221

    DSC_0224

    旅情をばりばり感じながら散策できました♪



    あと、飛騨の特産といえば飛騨牛!

    ってことで頂いてきました飛騨牛ステーキ
    DSC_0229

    DSC_0230

    今回頂いたのはモモ肉だったのでオージービーフのようなしっかりした肉質でありながら臭みがない飛騨牛の香りを堪能できましたヽ(´▽`)/

     

    そして日も暮れてきたので南に60キロほど移動した場所にある温泉

    DSC_0236

    下呂温泉に行ってきました
    ここは幼少の頃よりその抜群にインパクトある名称が気になっていていつかは訪れたいと思っていた温泉

    DSC_0235

    行ってみて知ったのですが、この下呂温泉は草津、有馬と並び三名泉に数えられるのだとか。

    なるほど古式ゆかりある風情がいい感じです
    DSC_0232

    DSC_0238

    その夜は飛騨にあるスキー場が道の駅として開放されていたので

    そちらで車中泊
    暑くなく、寒くなく、広大な土地を独り占め(近くの道路を通行する車両すら皆無)出来てとても快適でしたヽ(´▽`)/・・・ってちょっと怖かったけど(^。^;)

    DSC_0241

    翌朝いよいよ飛騨高山美術館に向けて出発!

    雪国ならではの道幅の広い峠道で雪のない季節は気持ちよく走れますが、やはりオーバースピードで楽しみに来る車両が多いらしく路面にはたくさんのブレーキ跡が残っています
    そんななか見通しの悪い緩やかな下りカーブにさしかかりますが

    「こんなところに限って後半カーブがキツくなったりするのよね

    と減速して様子をみていると・・・

    DSC_0242

    おおっ
    DSC_0244

    おおおっ
    かなりなオーバースピードで突っ込んだらしく完全にグリップを失ってますね
    ABSは作動しているだろうに、まったく曲がる様子もなくガードレールに突撃していくサマは途中まで同じ走行ラインを走っていた私には背筋が寒くなるような追体験をしました
    やっぱ無茶は禁物よね。

    DSC_0246

    真新しい銀色のガードレールを見ながらそんな思いを新たにしました
    DSC_0248

    そして今回の目的地「飛騨高山美術館」に到着
    ここでは素晴らしい作品が多数見れました
    DSC_0252

    まず、なんといってもエミール・ガレ

    DSC_0297

    彼のすごいところは、ほんの小さな部分に至るまで

    よく見ると技巧が凝らしてあって

    こちらの想像を絶するほど完璧なんです
    DSC_0324

    この蒲萄をモチーフにしたピッチャーの透明な出っ張り部分も歪んでいるのではなく

    まさに熟したブドウの実を忠実に再現しています。

    植物学にも精通していた彼だからこその観察力、表現力

    凄まじいです(゚O゚)

    DSC_0303

    この作品なんかも下の方をアップにすると・・・

    DSC_0305

    この完成度!Σ(´∀`;)

    ほんとどこまでも作り込むひとですよね。

    私も作品を作る者として感じるのが部分的に細密さを求めるときはどうしてもレイアウトに歪みが生じやすく

    レイアウトを重視すると細部の作り込みがコントロールしにくいとゆうジレンマがあるのですが

    ガレは細部に微塵の妥協もしないのにレイアウトにブレが全くないんです。

    どんだけ精神力とモチベーションがある男なんだか
    DSC_0286

    そんな職人気質は家具作りにも現れます

    DSC_0284

    何だろ、彫りの厚みといいカーブといいノミの跡といい

    寒気がするほど美しいんです
    DSC_0332

    バランスも素敵だし

    DSC_0333

    さらに端から端までこの完成度!

    とんでもない男ですよね。

     

    また彼は大変な昆虫オタクだったとも聞きます

    DSC_0292

    トンボをモチーフにしたこの作品・・・

    DSC_0342

    素晴らしすぎます
    トンボの飛行技術は人類がおそらく永遠に手にすることは叶わないだろう・・・とも言われるほどの能力で

    彼らの体にある窪みや羽根の形状などは人類が持つ流体力学、航空力学では理解の範疇を超える未知の技術(蜂が航空力学の見地から飛行不可能と証明出来るとゆう話しは有名ですね)

    それをガレは微細にコピーしているだろう事が見て取れるのです。

    DSC_0339

    これは別の作品ですがかなりトンボ感満載です
    ガレはおそらく昆虫が何故そのような形状であるかは解らないまでも、どんな形なのかはあきらかに精通しているのでしょうね。

    DSC_0319

    こんな作品や

    DSC_0316

    この作品なんかもすごい技巧が散りばめられているのですが・・・

    この辺にしておきたいと思います(^。^;)

    やはり、ガレ。ここ数百年で一番化け物じみたアーティストの1人です
    他にも感慨深いのが・・・

    DSC_0262

    ティファニーの作品たち

    DSC_0253

    充分に素晴らしいのですがガレのように異常な作り込み・・・ってほどではないんですよね。

    震えがこないとゆうか。

    DSC_0257

    見てわからないほどの違いなのですが

    実際に費やす時間と精神力、労力は4倍やそこらじゃ済まないでしょう。

    でも、経済的に成功しているのは圧倒的にティファニーだし
    DSC_0255

    それにこの可愛らしさ
    ガレは一見地味だし哲学的で高尚なのですが

    可愛げがないんですよねぇ(^。^;)

    もし神様が「ガレかティファニー、どちらかのセンスをやろう」と言ってきたら・・・

    迷うなぁ( ´・_・`)

    ガレかなぁ。

    いや、ティファニー。

    そうすればもうお金で苦労しなくて済むんだ。

    ・・・いやでも
    ガレ選んじゃうんだろうなぁ。
    あと他にも面白い作品があって

    DSC_0250

    ミューラー兄弟の作品。

    若干の作り込みの粗さはありますがバランス、色彩ともに光るモノがあって素晴らしい作品でした!

     

    来てから知ったのですが、ここ飛騨高山美術館はミシュランで三ツ星☆☆☆をもらってるんだそう。

    ここに三星つけるなんてやはりミシュラン、侮れませんね
    もう逆にミシュランガイド買って載ってる所を巡ればいいんじゃないかっ!?

    そんな風に思ってしまいました
    あと、ここのレストランは味は素晴らしくて(シェフの厨房での雑談は煩いけど

    DSC_0345

    飛騨特産の豚とトマトを使ったパスタ
    トマトの酸味を抑えて豚の香りを残す調理は

    どちらの旨みもぶつけることなく調和させた秀逸な作品!

    このシェフ、食べさせる環境は整えられないものの料理を作る腕と舌は確かだと驚かされました
     

    このように飛騨高山でいろいろな職人が織りなす作品の数々に出会い「自分も誰かの心を震わせるような作品を作れるようになりたいものだな・・・」なんて気持ちを新たにしてきました
    いつかそんな境地に達することができるのか、模索の旅はまだまだ続きそうです
     

     

     

     

     

     


  6. 長野県は伊那市にある「高遠城址公園」に行ってきました♪

    4月 23, 2014 by 美容室MARINaquarium

    石山です
    先週のお休みは長野県は伊那市にある「高遠城址公園」に行ってきました
    さくらってすぐに散ってしまうので週一休みの私としては

    行き先は厳選したいもの
    どーしたものかなぁ・・・と思っていたら

    お客様の知り合いで桜の名所巡りをかなりやっている

    桜マニアの方がイチオシしていたのが「高遠」だとの話しを聞きました
    調べてみると満開予想が私の休みの前日だと市のHPに書いてある
    おお(ノ゚ο゚)ノこりゃ天啓か!?

    と行ってみる事にしましたヾ(*´∀`*)ノ

     

    でも、高遠はあの「吉野」「弘前」と並び賞される

    日本の桜、三大名所のひとつとのこと←知らなかった

    満開時の予想人出は30万人。

    あの皇居・乾門に訪れた人数を上回る
    出し抜くには早朝から行くしかない!Σ(゚д゚lll)

    と、夜の高速をひた走り、午前4時に現地到着
    午前6時、開城?の時間ピッタリに駐車場に入りましたヽ(´▽`)/

    DSC_0171

    一番乗りだったのでサクラの真横に停められました♪

    時刻は午前6時ですから人出は少ないものの花の開きもややイマイチ
    でも、あまり人のいない公園をの~んびり散策するのはいいですね♪

    DSC_0103

     

    DSC_0102

     

    公園を出て近くを歩いてみると・・・

    DSC_0120

    藩士たちが学んだ学校や・・・

    DSC_0119

     

    DSC_0112

     

    歴史ある建物などが「伊那に来てるんだなぁ~」って気分にさせてくれます♪

    でも、ここの素晴らしいにはなんと言っても・・・

    DSC_0144

    信州の青い山々をバックにサクラを見れる事でしょうヽ(´▽`)/

    ここ、高遠のさくらはコヒガンザクラと呼ばれるやや小ぶりだけど花の色が濃い見事なもの
    見応えありましたo(^▽^)o

    DSC_0109

     

    早朝の花見を切り上げて車に戻って仮眠zzz

    DSC_0168

    車の窓からこの景色を楽しみながら快適に寝れました
    午前10時を過ぎると24℃にも気温が上がり・・・

    DSC_0130

    日のひかりを受けたサクラたちはいっせいに満開になっていました!
    DSC_0160

     

    多くの観光客も集まり、大盛況の様相ですが・・・

    おお!(ノ゚ο゚)ノ屋台も開店している!!

    ってことで、さっそく食べ歩き
    花もだんごも戴くのが石山のスタイルです
    DSC_0141

     

     

     

     

     

    10穀米使用の五平餅味噌仕立て。

    素朴な郷土の味に子供の頃には感じられなかった感動があります
     

    DSC_0147

     

     

     

     

     

    南アルプスの天然木を利用してスモークしたと言うソーセージ等詰め合わせ

    とくにソーセージはかなり美味しかった!ヽ(*´∀`)ノ

    DSC_0146

     

     

     

     

     

     

     

    地元B級グルメ「ローメン」

    炒めたラム肉とキャベツを蒸したラーメンの麺と合わせて

    醤油や酢などで適当に(失礼だよ)味付けしたモノ♪

    札幌に長く暮らした経験のある石山には親しみやすい味でした
     

    高遠のさくらは確かに素晴らしかったのですが

    ふと辺りの景色を見て目に止まったのは

    雪深く長い冬に備えて設計された民家や商店の姿
    ここは長い冬と戦い、付き合いながら春を待つ人々が暮らしているところなんだなぁ|゚Д゚)))

    っと思ったら満開時期だけ見に来ても真の高遠の魅力を感じるのは難しいのかなぁって思いました
     

    本当のサクラの楽しみ方は一年間、毎日見ているサクラが

    冬に枯れたかのような姿をしていても

    まだ肌寒い春の陽気にいっぱいの花をつける、あの姿を楽しむ事なのかもしれません
    高遠まで行って近所のサクラを見直す自分はつくづく変わった感性を持ったもんだと

    我ながら不思議な気分になりました


  7. ちょんまげを結ってきました!

    12月 1, 2013 by 美容室MARINaquarium

     

     

     

    石山です

    先月の連休は以前働いていた職場の先輩のアタマに「ちょんまげ」を結いに

    日光江戸村まで行ってきました

    以前、飲み会で会った時にエラく髪を伸ばしていたので理由を尋ねたら

    「日本人なら一度はちょんまげを結いたい」とのこと。

    へぇ~、そんなものかねぇ

    なんて他人事に考えていたら先日、「ちょんまげ結って!」ってメッセージが。。。

    最初は他の人に振ろうと思いましたが

    考えてみればそんな機会はもうないかもと思い、引き受ける事にしました

    ・・・しかし美容の仕事をはじめて20年になるが

    まるで初めての手技ってのはプレッシャーかかるなぁ

     

    まずはちょんまげについて調べてみると当然作り方とかはネットにも載ってない。

    やはり画像検索で得た「見た感じ」から自分で考えるしかないか

    試行錯誤すること10日

    何とか格好つくようになりました(・∀・)

     

    ちょんまげ(正式には銀杏髷と言う)を結う前日は鬼怒川温泉に前泊

    大掛かりな作業になるので夜のうちに月代(剃ってあるところ)を作ることにしました

    306_R

     

     

     

     

     

     

     

    いよいよバリカンを入れるところ

    320_R

     

     

     

     

     

     

     

    ここいったらもう引き返せません

    341_R

     

     

     

     

     

     

     

    そりそり。。。

     

    とりあえず準備は完了!

    せっかくの鬼怒川温泉ですから温泉浸かって明日に備えます

     

    DSC_1267

     

     

     

     

    翌朝は天気に恵まれ、紅葉も真っ盛りの鬼怒川温泉は絶景でした

    DSC_1269

     

     

     

     

    眼下に流れる鬼怒川もまた綺麗な色してます

     

    さて、いよいよ結い上げ作業です

    586_R

     

     

     

     

     

    鬢付け油は入手が間に合わなかったのでヘアワックスで代用

    577_R

     

     

     

     

     

    ブロッキングをとったら

    579_R

     

     

     

     

     

    パーツごとに丁寧に整えてっと。

    582_R

     

     

     

     

     

     

    585_R

     

     

     

     

     

    健康な頭皮ですねぇ~

    589_R

     

     

     

     

     

     

     

    やっぱり元結いは木綿糸でしょ

    597_R

     

     

     

     

     

     

     

    あとは折り返して・・・

    598_R

     

     

     

     

     

     

     

    これで完成

    あとは日光江戸村に移動して衣装を借りれば完成です!

     

     

     

    DSC_1276

     

     

     

     

    そして仕上がり

    769_R

     

     

     

     

     

     

     

    同心(必殺仕事人の中村主水と同じ役職)の格好がサマになってますねぇ

    669_R

     

     

     

     

     

     

    私も一緒に素浪人の格好してみました

    532_R

     

     

     

     

     

     

     

    いやぁ、江戸村でサムライの格好は楽しいですね(´∀`)

    キャストの方々もこちらの格好に合わせた言葉遣い(お互いの役柄上の身分などを考慮した)で会話をしてくれるので

    ちょっとしたタイムスリップ気分でござる

    549_R

     

     

     

     

     

    衣装と一緒に借りた模造刀も良く出来ていて

    スタッフの方にコツを伝授してもらいながら抜刀の練習を楽しみました

    一応、石山家は武家の出身なので本家には伝来の刀があって

    何度か振ってみたことはあるのですが

    真剣だと怖くてこうは振れません

    DSC_1278

     

     

     

     

     

     

     

    あと和服ってコシをぎゅって紐で縛るので

    背筋がピンッと伸びて気持ちがいい!

    猫背ぎみの私がこんなシルエットで歩くことなぞ

    そうそうないです( ̄◇ ̄;)

     

    あと江戸村で意外と面白かったのが忍者屋敷

    DSC_1287

     

     

     

     

     

     

     

    こんな重力異常地帯な体験もできます

     

    思いのほか楽しかった日光江戸村withちょんまげ体験

    実際ちょんまげを結ってみて感じたのは,やはりちょんまげスタイルは作るのが大変だって事。

    江戸の人々は当たり前にしていた事だと思うと

    当時の美意識の高さに改めて舌を巻きます

    現代の美容を当時の人々に見せたら

    「なぁ~んだ、ザンギリ頭で何が面白いんでぇ!?」

    ・・・なんて言われないように

    日々精進せねば。

    そんなふうに思いを新たにした石山でしたヽ(*´∀`)ノ


  8. 安曇野ちひろ美術館と松本城行ってきました♪

    10月 3, 2013 by 美容室MARINaquarium

     

     

    石山です
    先月のお休みは長野県、安曇野市にある「安曇野ちひろ美術館」に行ってきました♪

    安曇野は距離があるので月曜の夜に出発して

    山梨県と長野県の県境にある道の駅「信州蔦木宿」にて休憩

    DSC_0913

     

     

     

     

     

    高い山はないけど緑が多い

    ちょうど長野と山梨のあいのこ的な、いいところでした
    DSC_0956

     

     

     

     

     

    ここの特産としてはお蕎麦が美味しいとの事だったので

    蕎麦と地元野菜の天ぷらセットを注文!

    なるほど、信州蕎麦よりもあっさりしつつも

    味わい深いいいお味でした
     

    そこから80㌔ほど移動すると「安曇野ちひろ美術館」

    DSC_0914

     

     

     

     

     

    台風一過の晴天に恵まれ

    とても気持ちのいい所でした
    DSC_0915

     

     

     

     

     

    広大な敷地には池やオブジェなどが散りばめられていて

    DSC_0917

     

     

     

     

     

    そんな中にひっそりとたたずむ美術館

    IMG_0003_R

     

     

     

     

     

     

     

    [貝がらと赤い帽子の少女 1967年]

    そんな場所で見る作品も格別ですねヽ(´▽`)/

    IMG_0002_R

     

     

     

     

     

    [十五夜の子どもたち 1965年]

    「にじみ」の技術を駆使して創り出された作品は

    淡く優しく、素敵なものばかりでした
    IMG_0001_R

     

     

     

     

     

    [雪のなかで 1972年]

    また、ちひろさんは鉛筆の使い方も工夫されていたそうで

    この作品などは鉛筆を立てたり寝かしたり

    シャープさや柔らかさを見事に表現したものでした

    IMG_R

     

     

     

     

     

     

     

    [美登利(小説たけくらべより) 1971年]

    この作品も凛とした綺麗な作品で

    見惚れてしまいました
     

    安曇野を堪能したあとは松本市にあるスーパー銭湯「おぶー」に移動

    DSC_0923

     

     

     

     

     

    おぶーとは、このあたりの方言でお風呂って意味だそう

    温泉ではなく地下水を沸かせた施設でしたが

    その分、お値打ち価格で入浴できた上に

    ジェット・スパや低周波マッサージが超充実!
    ぜひ近所に一軒欲しいお風呂でした
     

    なのですが、夕飯がまだだったので

    近くに食事ができる所ないかGoogleさんに聞いてみた所

    徒歩30分のところに「JR南松本駅」があるとのこと。

    名前からして大きい駅そうだし、ちょうど帰宅ラッシュの時間だったので

    駐車場とか空いてないとヤだし、今日はあまり歩いてないから

    「運動がてら歩くか

    と向かったはいいのですが、到着してみると予想より小ぢんまりした駅、

    施設はパチンコ屋と魚民だけとゆうシンプルさ
    「ぬぅ~、では魚民で食事するか

    DSC_0920

     

     

     

     

     

    と入ってみたところ、松本名物「山賊焼き」があったのでラッキー
    ぱりぱりの衣を塩分キツめに仕上げた

    ご飯によく合う男飯

    キャベツは付属の信州味噌で美味しく頂きました(^人^)♪

     

    食事のあとは温泉まで引き返してのんびりした後

    今晩の休憩地、道の駅「風穴の里」へ移動

    DSC_0924

     

     

     

     

     

    到着したのは深夜でしたが、この夜はちょうど十五夜の月が眩しいぐらいに出ていて

    澄んだ空気と広い空を見ながら

    気持ちよく就寝できました
     

    翌朝は、すぐとなりにある水殿ダムを散歩

    DSC_0934

     

     

     

     

     

    ここ、水殿ダムは松本市と上高地のちょうど中間地点

    あの清流「梓川」をせき止めてつくられた

    なんとも贅沢なダムです
    DSC_0936

     

     

     

     

     

    梓川の特徴的なエメラルド・グリーンに澄んだ水を満々とたたえる湖

    DSC_0940

     

     

     

     

     

    立ち枯れた木が上高地を連想させます
    DSC_0944

     

     

     

     

     

    せき止められたあとも綺麗さを失わない透明感あふれる姿は

    こころ洗われる気分でした(´∀`)

    ・・・ただ、気温は9℃

    散歩が終わったあとは車の暖房にあたりながら

    一足先に冬気分を味わいました(´Д` )

    その後、向かったのは松本城

    DSC_0945

     

     

     

     

     

    DSC_0946

     

     

     

     

     

    威風堂々、青い山々をバックに建つ姿は

    荘厳にして華麗

    なるほど国宝になる訳です
    世界遺産に・・・とゆう声も頷けます
    DSC_0948

     

     

     

     

     

    松本城は実戦を想定して築城された

    戦うためのお城
    飾り気のない無骨な内装に種子島(火縄銃)やカタナなど

    多数の武器が展示されていて

    「昔は日本人同士が戦っていたんだなぁ

    と、武器そのものよりも向けられる相手について考えてしまいました
     

    そのあと向かったのが

    DSC_0954

     

     

     

     

     

    松本市立美術館
    DSC_0955

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    この日はメアリー・ブレアの原画展を開催していました
    メアリー・ブレアはディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインや

    イッツ・ア・スモールワールド原案

     

     

     

     

     

     

     

    ピーターパン、不思議の国のアリスなどを手がけた女性

    不思議の国のアリス

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    彼女の作品を間近に見れて

    ディズニーの世界がここまで世界中に愛されている理由が

    理解できた気がしました
     

    今回は長野の自然と絵本の世界を堪能した

    いい休日になりました\(^o^)/

    夏の長野、やはり鉄板ですね


  9. 福島県の美術館と松島に行ってきました♪

    9月 5, 2013 by 美容室MARINaquarium

     

     

    石山です(^▽^)

    先月の連休は夏休みとして一日お休みを追加して

    3泊3日?の旅行をしてきました
    今回の旅行のテーマは

    「せっかく3日あるから一般道で遠く北を目指す!(・∀・)♪」

    とゆう大雑把な計画からスタートしました

     

    月曜日の深夜23時

    仕事を終えた石山は手始めに北茨城は常陸太田市の「道の駅さとみ」にて一泊

    DSC_0751

     

     

     

     

     

    (・◇・)この辺りまでくると自然が豊かだなぁ~

     

    そして第一目的地・・・

    DSC_0753

     

     

     

     

     

    いわき市立美術館に到着
    ここにはピカソやアンディ・ウォーホルの作品がありました
    でも、一番印象に残ったのは

    震災の記事が書かれた当時の新聞を使って作られた作品
    シンプルなものでしたが

    ・書かれている内容

    ・その当時に発行された新聞紙

    ・実際に被災した場所での展示

    とゆうシュチュエーションが

    なんとも凄い印象を与えてくれました(._.)

     

    作品とはテレビのリモコンのように

    受け手の心を動かすスイッチを入れてくれる働きをするモノもあるのだな。

    なんて思いました。

     

    次なる目的地はいわき市から海岸線沿いに一直線!

    宮城県は松島を目指しました
    道路はかなり空いていて

    みんなビュンビュン飛ばしてます
    「通行人いたら轢いちゃうんじゃないの?

    などと心配しながら走ること60km

    何やら検問に出会いました。

    係員・「通行許可証を

    石山・「・・・ないです

    係員・「じゃーいわき市まで引き返すしかないよ?迂回路とかないし

     

    と言われた石山は善後策を考えるため、近くのホームセンターの駐車場に車を停車。

    さあて、どうしたものか(-。-)y-゜゜゜

    辺りにはイトーヨーカドーや大型家電店、スーパーなども立ち並ぶ町の中心のようですが

    どうも様子がヘン。

    「・・・人がいない(・・;)」

    個人住宅には自家用車が停めてあるし

    玄関先には子供用の自転車なども置いてある。

    マンションはカーテンがしまっていて

    コインランドリーの乾燥機には洗濯物が入ったまま。

    ついさっきまで人々が生活していた町

    ・・・ただ人の姿だけが消え去っている

    DSC_0754

     

     

     

     

     

    どうやら私は福島第一原発事故の避難区域に来てしまったらしい。

    知らなかったとはいえ、無人と化した町にひとりたたずんでみて

    初めて原発事故の真の恐ろしさを知りました( ;∀;)

     

    思い出のアルバムも

    使い慣れた茶碗も

    愛着のある車も

    何もかも持ち出せずに町を去らなければならなかった人たちの心情を考えると

    町の様子を写真に収める事も(事情を察する前に撮った上の一枚を除いて)

    もうできませんでしたo(TヘTo)

     

    2013年の3月25日から

    「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除­準備区域」と3つの地域に分断された、ここ富岡町

    帰宅できる所と昼間だけ滞在できる所、もう諦めるのを前提にする所と

    3つに分けられた富岡町は

    何とか皆で頑張ろう!とチカラを合わせていた住民たちを

    「帰れる者と帰れない者」に分けたことによって

    町のなかでの格差とゆう致命的な苦痛とともに

    新たな一歩を踏み出したそうです
     

    帰り際、歩道橋に掲げられた「富岡は負けん!」

    の文字に言い知れぬ悲しさを感じながら富岡町を離れました。

    ULGhx_R

     

     

     

     

     

    [北川玉奴様より拝借写真]

     

    いわき市を経由して郡山市で一泊した石山は

    翌日は郡山市立美術館へ行ってみました
    DSC_0756

     

     

     

     

     

    ここですごい作品に出会いました(゚д゚)!

    IMG_0001_R

     

     

     

     

     

     

     

    [安藤重春 あんず]

    安藤重春です
    これまで石山は写実的絵画の究極は「細密な再現」

    だと思っていたのですが

    この作品は

    ・葉脈って葉っぱ全体に養分を送りたいからこんなカタチしてる

    とか

    ・あんずの実、ここンとこ黒いのは構造的にこーなってあーなって

    みたいな所を理解して書いているとしか思えない表現力
    IMG_R

     

     

     

     

     

     

     

    [安藤重春 笹]

    重春の広い知識と深い想いに

    芸術の、スキルだけではない本質を改めて教えて頂きました
     

    あと素晴らしかったのは・・・

    IMG_0006_R

     

     

     

     

     

     

     

    [滝平二郎 たき火]

    滝平二郎(詳細はコチラ)です
    小学生のころ(だったと思う)教科書で読んだ「八郎」や「もちもちの木」

    どこかで読んだ記憶がある「花さき山」や今回初めてみた「ベロ出しチョンマ」などの原画が見られて

    芸術性もさることながら

    自己犠牲や奥ゆかしさ、忍耐や感受性など

    昔の日本人が持っていた美意識を感じて

    いろいろと考えさせられる作品でした
     

    ただ、大きくなる事を望んだ八郎は

    村を津波から守るために大きくなりたかったのだと理解し、喜んで人柱となり村を護り

     

    妹を笑わせたいとヘンな顔をするベロ出しチョンマは

    飢饉の厳しさを訴えるため殿様に直訴した父の咎のため

    家族全員が磔になる時

    恐怖から泣き止まない妹を笑わせるためヘンな顔をしながら最後を迎えるし(ToT)

     

    慎ましくも強く美しかった過去の日本人の姿を再確認して

    忘れかけていた感覚を取り戻した気持ちになりました
    だって最近の「ぐずったモン勝ち」みたいな風潮、おかしいと思いますもんね?

    やっぱ、日本人はこうでなくっちゃ。ね
     

    その後は立派な福島県立美術館へ
    DSC_0759

     

     

     

     

    ここでは伊藤若冲(詳細はコチラ)

    の特別展が開催されていました\(^o^)/

    IMG_0005_R

     

     

     

     

     

     

     

     

    かなり素晴らしい作品ですΣ(´∀`;)

    でも、更に驚いたのは・・・

    IMG_0007_R

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    IMG_0004_R

     

     

     

     

     

     

     

     

    この作品たち
    タイルで作られたかのようなドットっぽい表現と

    ジオラマの世界で言われるところのウェザリング(風化や使用感を出すため綺麗な作品を敢えて古びた感じに仕上げる事)

    を施してあるんです
    江戸時代中期の絵師にしてこの斬新さ、

    近代アートの新進気鋭だと言っても充分通用するどころかお釣りが来ますね、これ(´∀`*)

     

    その後はスタッフのオススメもあり

    仙台市は国分町の牛タン屋さん「太助」で

    DSC_0760

     

     

     

     

    炭火焼きの牛タン(塩味のみ)と

    テールスープを頂きましたo(^▽^)o

    シンプルだからこそ牛肉の旨さが引き立つ逸品でした
     

    そして今回の旅行の当初、メインと考えていた(最終的には富岡町の印象が強すぎ

    「松島」へ向かいます
    高校時代、松尾芭蕉の「奥の細道」を暗記させられた石山は

    その一節「松島の月、まず心にかかりて・・・」の一文が忘れられず

    「旅を極めた芭蕉のこころから離れない松島、いつか行こう

    って、ずーっと(20ウン年間)思っていたので

    ちょうど満月にあたるこの夜、松島に来るのを楽しみにしていました
    DSC_0763

     

     

     

     

     

     

     

    朧月夜ながら素晴らしい光景でした
    この月明かりなら江戸の頃の人々なら島影まではっきり見てとれたんでしょうね♪

     

    翌日は改めて松島の船巡りを楽しみました

    DSC_0819

     

     

     

     

     

    DSC_0815

     

     

     

     

     

    DSC_0814

     

     

     

     

     

    かもめ達がエサをもらいに15cmぐらいの近くまで近づいてきましたが

    それはそれで楽しい体験でした
     

    あとは一般道を松島⇒仙台⇒福島⇒郡山⇒那須塩原⇒佐野⇒所沢⇒登戸と

    400kmほど走れば帰宅です
    高速道路を通れば速いのですが、一般道ならではの楽しみも多いし

    高速料金もかからないし
    DSC_0829

     

     

     

     

    途中、佐野で「佐野ラーメン」を頂きました♪

    濃厚かつシンプルな醤油味はクセになりそうですね
     

    そんなこんなで終わった3泊3日の車中泊旅行、

    大きな苦しみに耐えながら戦っている人の姿を目にして

    昨日まで当たり前だと思っていた事が

    今日は突然失われる事もあるんだ・・・

    ならば今日までに出来る事は出来るだけ頑張って

    後悔のない明日を迎えていこう
    そんな思いを新たにした石山でした


  10. 長野県へ美術館巡りに行ってきましたヽ(´▽`)/

    6月 22, 2013 by 美容室MARINaquarium

     

     

     

    石山です
    先週は火・水と連休だったので少し距離のある長野県は長野市を目指して旅行してきました
    けっこう距離があるので往復一般道だとさすがに疲れるので

    行きは月曜の夜中に関越道を通って上田を目指しました
    やはり高速道路は早くてラクでいいですね~♪

    途中、埼玉と長野の県境近くの「上里パーキングエリア」で小休止
     

    DSC_0636

     

     

     

     

    夕飯(朝食?)として上里SA(下り)限定「御用蔵ねぎ醤油ラーメン」を食べました(^-^)


    やっぱり限定とかって言われると食べてみたくなりますよね
    さて、お味ですが御用蔵ってのを前面に出すだけあって

    たまり醤油のような濃厚な醤油の薫りにあっさり魚介系のダシがばっちりマッチ♪
    最近のSAは気合い入ってるなぁ(* ̄▽ ̄)ノ


    休憩ののちは目的地「道の駅 真田道と川の駅」まで一気に走破!

     

    DSC_0637

     

     

     

     

    そこで、なかなか嶮峻な表情をした岩肌を発見
    さすがは厳しい自然に囲まれていたと聞く真田氏の本拠地、なんか納得。うんうん( ゚ー゚)( 。_。)

     

    DSC_0639

     

     

     

     

    おお!この道の駅にはヘリポートまで併設されているのね
    びっくりな規模でした

     

    仮眠をとったのち、向かったのは第一目標の「北野美術館」

     

    DSC_0640

     

     

     

     

    ここには

     

    IMG_R

     

     

     

     

     

    [高村光雲 仁王像]

    善光寺山門にある仁王像の原型になった高村光雲作の仁王像がありました

    いやぁ、腕や足の筋肉や衣の動きを見ても素晴らしいデキ
    サイズは30cmもないのですが、さすがイイ仕事してます♪

     

    IMG_0001_R

     

     

     

     

     

    [前田寛治 裸婦]

    この作品の面白い所はこのモデルさん、若かりし頃(はたち前)の淡谷のり子さんなんですって!

    たいしたたまげた(°д°)

    あの淡谷先生にも若い頃あったんだなぁ。

    前田曰く「細っこいモデルじゃ面白くない。のり子は椅子にすわっているだけでどっしり存在感があった」

    とのこと

     

    IMG_0002_R

     

     

     

     

     

     

    [マリー・ローランサン 犬を連れた婦人と少女]

    今回はなぜかローランサンに惹かれている私
    小さい頃から家にあったリヤドロの優しい色使いとか好きでしたが

    なんか感覚が女性化しているんじゃないかと心配( ̄▽ ̄;)

     

    次は第二目標の「信濃美術館」へ移動
     

    DSC_0643

     

     

     

     

    今回は特別展として「ひろしま美術館」のコレクションも展示されていました
    広島は原爆で所有するほとんどの美術品を焼失したため

    その苦難にあった人々の気持ちを少しでも穏やかなものにしたいとの願いから

    世界に通用するコレクションを集めたんだそう
    そのラインナップは凄かった!
     

    IMG_0007_R

     

     

     

     

     

     

     

    [エドゥワール・マネ 灰色の羽根帽子の婦人]

    マネや・・・

     

    IMG_0003_R

     

     

     

     

     

     

    [ポール・ゴーギャン ブルターニュの少年の水浴]

    ゴーギャン。

     

    IMG_0004_R

     

     

     

     

     

    [アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック アリスティド・ブリュアン]

    何がいいのか解らなかったロートレックも実物を見て良さを納得。

    人物描写が素晴らしいとは聞いていましたが、なるほどねぇ
     

    IMG_0008_R

     

     

     

     

     

     

     

    [エドガー・ドガ 浴槽の女]

    あとはドガとか・・・

     

    IMG_0011_R

     

     

     

     

     

     

     

    [エドワルト・ムンク 女の肖像]

    あんまり病んだ感じがしない頃のムンク。

     

    IMG_0009_R

     

     

     

     

     

    [ギュスターヴ・クールベ 雪の中の鹿のたたかい]

    「天使は実在しないから描かない」とゆう超現実主義のクールベもありました(^▽^)

    やっぱり精密な描写で写真のように精緻な作品も魅力ですよね
     

    IMG_0005_R

     

     

     

     

     

    [オーギュスト・ルノワール パリスの審判]

    ご存知ルノワールや・・・

     

    IMG_0013_R

     

     

     

     

     

     

     

    [マリー・ローランサン 花束を持つ婦人]

    ここにもありましたローランサン(゚∀゚ )♪

     

    IMG_0014_R

     

     

     

     

     

     

     

    [ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 花の輪を持つ野の女]

    やっぱり銀灰の魔術師と呼ばれたコローは自然の表現がいいですよねぇ(´∀`)

    花の輪に使われている鮮やかで細かい色遣いもこれまたコローらしくて素敵です☆

     

    IMG_0010_R

     

     

     

     

     

     

     

    [モイーズ・キスリング ルーマニアの女]

    あちこちの美術館でちらほら見かけるキスリングや・・・

     

    IMG_0006_R

     

     

     

     

     

     

     

    [藤島武二 桃花裸婦]

    桃の花と若々しい娘さんの印象が淡い春を感じさせてくれる武二

     

    IMG_0012_R

     

     

     

     

     

     

     

    [アンリ・ル・シネダル 離れ家]

    この作品は特に綺麗でしたヽ(´▽`)/

    窓に灯るあかりの暖かさにマッチ売りの少女になったような憧憬と寂しさを覚えました
     

    いやぁ、ひろしま美術館展すごいラインナップだったΣ(´∀`;)

    さあて、帰るか・・・

    (ノ゚ο゚)ノじゃなかった!

    ここには以前から来たかった場所があるのだ
    それは「別館・東山魁夷館」

    その名の通り信濃を愛する魁夷が多数の作品を寄贈して作られた別館(^▽^)

    素敵な作品がいっぱいあったのですが、ここではその一部をご紹介♪

     

    IMG_0015_R

     

     

     

    [東山魁夷 静映]

    魁夷と言えば信濃の緑の美しさと厳しさに魅了され、沢山の作品をここ、信濃で作成しました
    信濃の深い緑と鏡のような湖、霧に煙る山々などを美しくも透明感あるタッチで表現してくれる魁夷は

    やはりここ、信濃で実際の環境でみるのが一番ですねぇ(´-ω-`)

    でも魁夷、60歳にして「やり慣れた方法を続けているだけじゃダメだ、やはり感性が凝り固まってはいけない!」

    と感じて・・・

     

    IMG_0016_R

     

     

     

     

     

    [東山魁夷 窓明かり]

    海外に作成旅行に行かれたそう。

    その時の作品もあるんですねぇヽ(*´∀`)ノ

    この作品なんかも異国情緒があって、温かみがあって見惚れちゃいました♪

     

    IMG_0017_R

     

     

     

     

     

    [東山魁夷 揺れる窓]

    この作品も良かったですヽ(´▽`)/

    建物とかは微塵も書き込まれていない事が

    かえって水面に映り込む景色に気持ちをもっていけます♪

     

    しかしまぁ~、これほどたくさんの名画と一度にあえるなんて幸せヽ(;▽;)ノ

    もーアタマがパンクしそうでした
    そうそう忘れちゃならない「善光寺」もここから徒歩5分の所にあるんだった(´∀`)

     

    DSC_0644

     

     

     

     

    信濃美術館から案外近かった善光寺

     

    DSC_0648

     

     

     

     

    おヽ(*´∀`)ノ今朝見てきた高村光雲作、仁王像の大型版があるぞぉ♪

     

    DSC_0647

     

     

     

     

    いやぁーここ、善光寺はなかなかのサイズですね、びっくりです!o(^▽^)o

    ここまでの旅の無事を御仏に感謝しつつ1日目は終了です(^人^)

     

    翌朝は佐久市にある近代美術館をみたのち

    DSC_0650

     

     

     

     

    友人の美容室に遊びに行ってきました♪

    赤ちゃんを抱っこさせてもらって運転より緊張したり

    完成した美容室のなかを見せてもらったり

    奥さんにお会いしたりしたのですが・・・

    写真を撮ってなかっただよ・・・Σ(´∀`;)しまったなぁ。。。

     

    DSC_0653

     

     

     

     

    で、一緒にお昼を頂戴しました♪

    長野と言えば蕎麦や・・・

     

    DSC_0651

     

     

     

     

    野沢菜漬け♪

     

    DSC_0652

     

     

     

     

    鯉の唐揚げや

     

    DSC_0654

     

     

     

     

    鯉のあらいを頂戴しました!

    酢味噌ではなくわさび醤油でいただいたのですが

    水がいいのか泥臭くなく、とっても美味しかったです(゚∀゚ )☆

     

    帰り道は以前から興味があった碓氷峠を経由しての帰路
    以前、佐久を訪れた時はうっかりバイパスを通ってしまって

    「碓氷峠って意外とあっさりしてるのね(´∀`)」

    なんて勘違いをしてしまったので

    今回はGoogleさんと相談しながら旧碓氷峠へ無事到着!

     

    DSC_0655

     

     

     

     

     

     

     

    漫画・アニメ「イニシャルD」にもよく登場した「めがね橋」も素敵でした♪

    そののち夜のいろいろな峠を抜けて秩父、青梅を経由して無事に帰宅
    やっぱ下道だと距離あるなぁ( ̄▽ ̄;)

     

    今回は美術館をメインにまわった長野県ですが

    避暑地としても人気の高い長野県、これからの夏本番にはちょくちょくお邪魔しましょうかね(^▽^)

    夏もいいとこだ!長野県ヽ(´▽`)/・・・冬は来れないけど( ̄▽ ̄;)