RSS Feed

埼玉にある美術館「サトエ記念21世紀美術館」行ってきました♪

2012年12月12日 by 美容室MARINaquarium


 

 

 

石山です
昨日はお休みだったので何処に走りにいこうかあれこれ思案したのですが

北の各地は大雪に見舞われ、山梨は笹子トンネルの事故もあり「たまには近場にするかな・・・どれどれ

と調べてみると面白そうな美術館が埼玉県にありました
「サトエ記念21世紀美術館」

・・・変わった名前。大丈夫なのかな?

と調べてみると



[藤井 勉 「白」 ]

こんな作品がある模様
最近は精密に描かれた絵画にも興味があるので見にいってみる事にしました
 

 



 

到着してみると素敵な日本庭園にはたくさんの素晴らしいブロンズや石膏の像が
館内にはロダンの作品も多数ありました
どちらかと言うと私はロダンの荒々しさよりもカミーユ・クローデルの繊細さのほうが好みなのですが

これはこれでいい作品
 

 

絵画のコレクションもすばらしい
今回は藤井 勉の特別展が開催されていて



 

藤井氏の繊細にして美しい作品の数々に出会えました
なんと言っても「白」の使い方がすごい!

ドレスは純白にして神々しいまでの輝きを放ち、風景画ではグレーを用いた空気遠近法も使いこなす達人。



 

また、人物の輪郭など近寄って見て見るとびっくりするぐらいはっきり色分けされていて

それが自然に馴染んで見えるんだからすごすぎ
いやぁ、眼福でした
 

 

それ以外にも野獣派(フォービズム)の作品も展示されていて



 

 

 

 

 

その実力はどう見ても佐伯祐三をも凌ぐと見える荻須 高徳や・・・

師匠であるブラマンク



 

 

 

 

 

 

この素晴らしい作品と比べても見劣りしない。

いや、それどころか言い知れぬ感覚を呼びおこされるこの作品



[ 里見 勝蔵 「マリーヌへの道」 ]

 

くうぅ、印刷では訳わからない作品にしか見えませんが、これはほんとすごかった
何がすごいって、なんですごいか解らないですがすごいんです
これはもう実際見てもらうしかないです
 

最後に特筆すべきは滞在していた2時間強のあいだ、館内にいたのは私と学芸員の方1名ただそれだけ!

完全に自分のペースで堪能する事ができました
都内の美術館で人込みに紛れながらの美術鑑賞はもうウンザリ・・・なんて方チャンスですよ
ここなら貸し切り!になるかもです
 


コメントはまだありません »

No comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.